不動産を売るとき・貸すときの注意したいポイント

何らかの事情で不動産を売ることや貸すことを考えている方もいらっしゃいますよね。
でも、売るのも貸すのも、色々自分で判断しなければならないポイントがあると思います。
不動産にまつわるお金は大きいので、判断をミスするとかなりの痛手になってしまいます。
想定外の結果に(悪い方向)にならないように、まずは不動産、家や土地の資産価値を想定しておくことが大切でしょう。
確実に言えることは、家は経年劣化で価値が下がってしまいます。
そのため「いつか高値で売ろう」という考えは少々危険です。
逆に土地の場合は首都圏だったり再開発エリアなどの場合は値上がりすることもあります。
土地については「現在の価値よりやや下がる」位に考えておくのが良いかもしれません。
いずれにせよ不動産の価格はよっぽどの事でない限り今の価値より上がることはない傾向にあります。
貸す場合も同じことです、不動産の価値自体が現況より下がることしかないのであれば賃料も上がることはなさそうです。
とはいっても、やり方次第では上手に不動産を高く売ったり、貸したりすることも可能のようですので、やはり専門業者に相談してみるのがおすすめです。