確定申告の機会は誰にもある

毎年、2月中旬~3月中旬に行う「確定申告」。
こちらには、自営業の人が行うというイメージが大きいですよね。
会社員をはじめ、給与所得のある人は「年末調整」で済むことが少なくないからです。
ただし、給与所得者のなかには、確定申告が必要な場合もでてきます。
そのひとつ、副業所得が20万円を超える場合は代表的です。
ちなみに「所得=収入-必要経費」になるため、その点にも注意が必要です。
もちろん、副業の可否に関しては、勤務先の就業規則に従うことはいうまでもありません。
一方、確定申告によって税金が戻ってくるケースがあります。
給与所得者の医療費控除は身近な存在です。
こちらは、年末調整で行われないため、くれぐれも注意しましょう。
なお、ここで取り上げたのは、あくまでも一例に過ぎません。
しかし、確定申告が必要なのに気付かずにいると、追徴課税の対象になります。
その反対に、確定申告をすれば戻ってくる税金を逃すことにもなりかねません。
このような背景もあり、確定申告関連の情報には、日頃から関心を持つことが大切ではないでしょうか。
もし、少しでも疑問に感じることがあったら、税務署への照会をおすすめします。