精神科訪問看護のシステム

在宅で治療を受けながら生活するためのシステムが導入されています。
そのためには、医療機関をはじめ、行政などとの連携を密にすることが不可欠な条件になります。
このようなサービス内容については、各医療機関や訪問看護ステーションなどのサイトに案内されています。
そのひとつ、全国各地でサービスを展開する「N.フィールド」サイトでは、訪問看護ステーション「デューン」についての案内がなされています。
こちらの訪問看護では、精神疾患の方のメンタル面の看護を中心に、高齢者の方の看護も対象にしています。
看護の内容として、服薬の管理・確認、精神症状の観察(悪化の早期発見・対応)などがあります。
また、精神科訪問看護の利用には、主治医の指示書があることが条件になります。
訪問看護を受けるときは、医療保険と介護保険の対象になり、自己負担割合はそれぞれの保険によって異なってきます。
なお、自立支援受給者証や精神障害者保健福祉手帳があると、自己負担減免の対象になる可能性もあります。
在宅で生活をするためにはまわりの理解と協力が不可欠ですので、医療機関などへ相談することをお勧めします。